よく解る!エンジニア・クリエイター職種図鑑

JOB INDEX

ゲームディレクター

game director
ゲームディレクター

ゲームディレクターの主な仕事内容

ゲームディレクターはゲーム開発制作の総監督にあたります。
プロデューサーは、プロジェクト全体を統括する役割をするのに対して、ディレクターは企画段階から制作に携わり、現場スタッフの管理やゲームの監督・演出など、完成までプログラマーやデザイナーに指示・伝達し現場で指揮をとります。大規模なゲームタイトルでは分業化され、1つのチームに複数のディレクターがいる場合もあります。
クライアントとの折衝やイベント・キャンペーン企画なども担当する場合もあり、幅広い役割が求められる職種です。

プロジェクト全体の進行を管理しながらスタッフへの的確な指示をするなど、常に全体に目を配るためにマネジメント能力が非常に重要です。ただし、マネジメントが主な業務とはいえ、制作スタッフへ適切な指示を出すためには、プログラマーやデザイナーの仕事も把握しておく必要があるため、ゲーム制作の実務経験・知識・スキルも必要となります。
一般的には開発スタッフ・プランナーなどの経験を経て、ディレクターへとステップアップしていきます。

ゲームディレクターのお仕事・転職情報はこちら

ゲームディレクターの関連する職種

一覧へ戻る
エンジニア/クリエイターの
求人情報満載!
お仕事情報はこちら お仕事検索する!