よく解る!エンジニア・クリエイター職種図鑑

JOB INDEX

WEBプロデューサー

web producer
WEBプロデューサー

WEBプロデューサーの主な仕事内容

企画制作から売上げまで、プロジェクトの全責任を負う最高責任者

WEBプロデューサーはWEB制作における最高責任者です。クライアントの要望に沿って企画を提案し、予算を策定・管理し、実際にWEBサイトのUIやデザイン、運用・改善の実務を行います。プロジェクト全体をまとめ上げ、クライアントの目的を達成するためのサイトを完成させる責任ある役割です。

WEBプロデューサーとWEBディレクターの違い

WEBプロデューサーとWEBディレクターの違いを簡単にまとめると、プロデューサーが企画・立案し、その指示に従って制作実務を遂行するのがディレクターです。しかし、両職種の業務の範囲が重なっている場合も多く、明確に定義が分かれていない現状です。企業によっては、市場分析や予算立案を任せられているWEBディレクターも存在します。
また、小規模なWEBサイトであれば、WEBプロデューサーという職種でも、収益・予算計画から、アクセス解析、広告運用までを行っている場合もあります。

必要とされるスキル

  • 企画力、提案力
  • コミュニケーション能力
  • マネジメント能力
  • 交渉力
  • ドキュメント制作(Excel)

WEBプロデューサーのお仕事・転職情報はこちら

WEBプロデューサーの関連する職種

一覧へ戻る
エンジニア/クリエイターの
求人情報満載!
お仕事情報はこちら お仕事検索する!